Gogoshima

IMG_0551

興居島ってどんな島?

ひょうたんの形をした「興居島(ごごしま)」は愛媛県松山市高浜港の西2kmの位置にあります。
高浜港からはシャトルフェリーで約10分、松山市内からもっとも近い離島です。
島の周囲は約24km。入り組んだリアス式海岸となっており、静かで美しい瀬戸内海に囲まれた、朝日も夕日も美しい、自然いっぱいの島です。

面積:約8.49km² / 最高標高:282m / 人口:約1,300人

gogoshima-zenkei

優美な小冨士山
高浜港からフェリーで興居島に向かうとき、まっさきに眼に飛び込んでくる端正な山。
伊予の小富士と呼ばれるこの山は標高282m。興居島のシンボルとなっており、四季折々、色々な姿を見せてくれます。

豊かな自然
美しい海と山に恵まれ、島のあちこちに絶景ポイントがあります。トレッキング、ジョギング、サイクリングが楽しめるほか、またフィッシングスポットも多く、カレイやメバルなどが釣れます。

美しい砂浜
鷲ヶ巣海水浴場と相子ヶ浜海水浴場という二つの海水浴場があり、海岸では遊泳だけでなく、バーベキューやマリンスポーツなども楽しめます。
また泊地区~船越地区までの東側の海岸は静かな砂浜が広がります。

しまの伝統文化
和気比売(わけひめ)神社に奉納される秋の大祭「船踊り」は県指定無形文化財です。
また春には「島四国八十八ヶ所」を巡拝するお遍路さんで賑わいます。

おいしい特産品
温暖な瀬戸内式気候に恵まれた興居島で栽培される柑橘類は、太陽の光をいっぱいに受け、瀬戸内海のミネラルを含んだ特上品。
美しい海で育った白口のちりめんも隠れた特産品です。